法定相続人で協議する内容とは - 誰が該当するの?法定相続人

誰が該当するの?法定相続人 > 法定相続人で協議する内容とは

法定相続人で協議する内容とは

相続が起きたとき、誰が法定相続人になるかでかなり苦労すると思いますが、それが誰なのかが確定したら、それから何をすればいいのでしょうか?
それこそが「協議」です。
相続人の確定は、実はこの協議のスタートラインに立ったに過ぎません。

本当に大事なのはここからで、この協議で誰が何を相続するかを決めます。
法定相続分として、各相続人がどれだけ相続するか、目安が決まっていると思います。
これは遺言がない場合に使う目安にすぎません。
その通りに分割する必要は、必ずしもないんです。

ここで絶対に必要なのは、法定相続人の全員でその分割案に同意できることです。
これは必ず必要で、誰か一人でもその分割案に反対するときは、その案は法的に無効になります。
強行した場合はやり直しにもなりますから、必ずよく話し合う必要があります。

つまり各法定相続人がどれだけ遺産を引き継げるか、特に遺言がないなら、実際には相続人同士での話し合いで決めるんですね。
同意さえできれば、どのような形でもOKです。
たとえば、特定の相続人が大半の遺産を相続し、残りの遺産を残りの相続人で分け合ってもいいんです。
故人との関係性は関係なく、相続人の人数で単純に等分しても構いません。

この分割案がすぐにまとまることもあれば、協議が難航する場合も多いです。
たとえば特定の遺産を巡って取り合いになる場合もありますし、各人が相続する遺産の量を巡って対立する場合もあります。
ケースは本当に様々ですが、この協議で相続できる実際の遺産の内容や量が決まるため、すぐにまとまらない場合も多いんですね。

このように法定相続人を確定した後が遺産相続の本番ですから、誰が候補者となり、実際に相続人に確定するのは誰なのか、早めに決めた方がいいでしょう。
と言いますのも、ここで決めた分割案に応じてその後の税金の手続きをする必要があり、これがまとまらないと、これら手続きができなくなるからです。
早めにこれら協議を終わらせるため、なるべく早めに法定相続人を確定し、具体的な遺産分割案についての協議をスタートさせてください。