法定相続人がいないケースとは - 誰が該当するの?法定相続人

誰が該当するの?法定相続人 > 法定相続人がいないケースとは

法定相続人がいないケースとは

法定相続人は、故人の配偶者など故人の親族に決まるものですが、これらの相手が全くいない場合は、法定相続人もいないものとして扱われるのでしょうか?
実はその通りです。
状況によっては、法定相続人はいないものとして、誰も故人の遺産を引き継がずに終了となります。

コレが起こるのは、故人には配偶者もおらず、もちろん子供もおらず、両親より上の先祖はみんな他界し、故人の兄弟姉妹も誰もいないか、もしくは関係者がすでに全員亡くなっている場合です。
このように本来なら法定相続人となるような相手が、最初からいないか、自分よりも先に全員亡くなった場合、候補者がゼロとなります。
このとき、さらに遠い親族などが法的相続人となるわけではありません。
法定相続人の候補者はあくまで、故人の子供や孫など、両親や祖父母など、そして兄弟姉妹やその子供といった相手です。
これらの範囲から超える相手は、遺言書での指定なしに法定相続人となることはありません。

もし相続人が誰もいない場合、残された財産はどうなるのでしょうか?
これは、最終的には国の資産になります。
もちろんいきなり没収されるといったことはありません。

まずは誰も相続人のいない財産として管理され、本当に相続人が誰もいないのか、慎重に調査されます。
そこで見つかればその方に連絡が行きますが、この調査でもやはり故人の縁者が見つからなかった場合、最終的に国の資産となるんですね。

このようになりますので、本当に法定相続人がいない場合、誰かに遺産を相続してほしいなら遺言書で指定しておきましょう。
これがあれば、特定の誰かに遺産を分けられます。
法定相続人が他にいれば、法律で保護されている、最低限の相続分を請求されるといった争いも起こりやすいのですが、本当に他に相続人がいないなら争いも起こりません。
遺言書で指定した相手が、すべての遺産を引き継げます。

このように法定相続人が誰もいないケースもありますので、縁者が少ない場合は注意してください。