法定相続人にある順位とは - 誰が該当するの?法定相続人

誰が該当するの?法定相続人 > 法定相続人にある順位とは

法定相続人にある順位とは

法定相続人の候補は親族の中で順位があります。
実際に誰が今回の相続人となるか、それを確定するためにはこの順位を知る必要がありますね。
この順位がついているのは、故人の子供や孫、両親や祖父母、兄弟姉妹やその子供など、故人と実際に血のつながりがある親族たちです。

一番順位が高いのが故人の子供や孫です。
正式には「直系卑属」と言います。
つまりは故人から見て子孫にあたる方達の中で、今生存している中でもっとも故人に近い代の子孫が相続人に決まります。
子供がいれば「子供」、子供がすでに亡くなって孫がいるなら「孫」、子供も孫も亡くなってひ孫だけがいるなら「ひ孫」が、それぞれ相続人に確定するんです。
この直系卑属がもっとも優先順位の高い法定相続人で、この方達が一人でもいれば、その方と故人の配偶者が相続人に決まります。

この直系卑属が誰もいない場合は、2番目の順位の法定相続人へとその権利が移ります。
その相手は、今度は直系尊属です。
これは先ほどの直系卑属の逆で、故人から見て先祖にあたる方達です。
その方たちの中でもっとも故人に近い代の方が、法定相続人になります。
たとえば両親のどちらかが生きているなら「両親」が、両親がいなくて祖父母のどちらかがいるなら「祖父母」が、両親も祖父母もいなくて曽祖父母がいるなら「曽祖父母」が、それぞれ相続人に決まります。
これらの方が一人でもいれば、その方と故人の配偶者とで相続人に確定です。

この直系尊属も誰も生きていない場合、さらにその次の順位の法定相続人に移るんですね。
その相手は「故人の兄弟姉妹」です。
戸籍上に兄弟姉妹の関係がある相手が一人でもいれば、その方と配偶者が遺産を分け合う形になります。
ちなみに兄弟姉妹が亡くなっている場合、その子供まで法定相続人になれます。
この子供とは、故人から見て甥・姪にあたる子ですね。

このように法定相続人には順位がついており、その順位が高い方から相続人を確定していきます。
高い順位の法定相続人が一人でもいれば、低い順位の方が相続人になることは原則ありませんので、よく確認しておきましょう。
相続サポートセンターを活用することも考えるとよいでしょう。