法定相続人と相続人の違い - 誰が該当するの?法定相続人

誰が該当するの?法定相続人 > 法定相続人と相続人の違い

法定相続人と相続人の違い

法定相続人と相続人に違いはあるのでしょうか?
いざ相続が起きたとき、相続人が誰なのかは重要ですから、これらに違いがあるなら知っておきたいですよね。

この2つですが、ほぼ同じ意味合いで使われることも多く、あまり厳密に区別されているわけではありません。
よく使われる意味とは、故人の遺産を相続する権利があり、実際に相続をする方というものです。
つまり相続が起きたあと、急いで確定する必要のある相手ですので、それが法定相続人でも、相続人でも、あまり気にせずに対象者を絞り込むといいでしょう。

この2つにある違いをあえて言うと、実際に相続をする方か、そうでないかです。
法定相続人とは、故人の遺産を引き継げる可能性がある方を指す場合もあるんです。
このとき、実際に遺産相続をするかどうかは、関係ないことに注意してください。
故人の配偶者や血縁のある縁者であり、遺産相続を受ける可能性があれば、その全員が法定相続人です。
コレに対して相続人とは、実際に遺産を受け継ぐメンバーとして、確定した人のことです。
法定相続人には含まれても、実際の相続人には含まれない場合もあります。

たとえば、故人に配偶者と子供がいる場合、その方達がもっとも優先度の高い法定相続人となりますので、その時点で相続人に確定します。
故人が残した遺産は、配偶者と子供で分割することになるんですね。
このとき、法定相続人は他にもいる可能性があります。
たとえば故人の両親がまだ健在であり、故人の兄弟姉妹も全員生存しているなら、この方たちは法定相続人です。
故人に子供がいなければ両親が相続人に確定していましたし、もし両親がいなかった場合は兄弟姉妹が配偶者とともに相続人に確定します。

このように法定相続人と相続人とで、厳密に意味を区別するなら、遺産分けを受ける可能性がある方が法定相続人、実際に遺産分けを受ける方が相続人となります。
ただ、必ず厳密に区別されている違いではなく、似たような意味で両方が使われている場合もありますので、あまり強く気にする必要はありません。