養子は法定相続人になれる? - 誰が該当するの?法定相続人

誰が該当するの?法定相続人 > 養子は法定相続人になれる?

養子は法定相続人になれる?

養子は法定相続人になれるんでしょうか?
この点は問題ありません。
きちんと養子の手続きを済ませており、血のつながりはなくても戸籍上は親子関係ができているなら、法定相続人の権利があります。
故人の子供に法定相続人の権利があるかどうかは、あくまで戸籍上のつながりがあるかどうかがポイントです。
養子縁組をすると、血のつながりはなくても、戸籍上は親子関係が記載されますので、実子と同じように法定相続人になれます。

養子の種類によって法定相続人になれる相手が変わる場合もありますが、いずれのケースでも養父母の法定相続人にはなれます。
養子になることで法定相続人になれない場合があるのは、実の両親が亡くなったときの遺産相続に関してです。

養子には普通養子と特別養子があります。
どちらを選んでも養父母と親子関係ができる点に違いはなく、戸籍上の扱い以外で特に差は感じられないでしょう。
これら2つにある違いは、元の両親との間にある、戸籍上の親子関係が切れるかどうかです。
それが切れないのが普通養子、切れるのが特別養子です。

普通養子の場合、養子縁組でできた養父母との親子関係により、養父母の法定相続人になれるのはもちろん、実の両親の法定相続人にもなれるんです。
戸籍上の関係が切れない養子縁組だからですね。
しかし特別養子になると、実の両親との関係を解消した上で、養父母との親子関係を築く形になります。
戸籍上はもう関係がなくなるため、実の両親が亡くなって発生した遺産相続では、もう相続人になれません。
このような違いがあるため、養子になったために法定相続人になれないケースもあります。
ただ、養父母の法定相続人には原則的になれますので、その点は安心です。

ただし、正式な養子縁組を組んでいることが必要です。
家計を同じにしており、実の親子同然の関係になっていても、正式な手続きをしていないと戸籍上は無関係となるため、法定相続人にはなれません。
養子として法定相続人になりたい、もしくは養子に遺産を継がせたいと思うなら、必ず手続きをしておきましょう。