兄弟姉妹も法定相続人になれる? - 誰が該当するの?法定相続人

誰が該当するの?法定相続人 > 兄弟姉妹も法定相続人になれる?

兄弟姉妹も法定相続人になれる?

法定相続人といえば配偶者や子供が多いですが、故人の兄弟姉妹もかなり近い血縁になりますよね。
この方達でも相続人になれるのでしょうか?

結論を言うと、その権利があります。
故人の兄弟姉妹が遺産相続を受けるケースもあるんです。
ただ、配偶者や子供ほど、よくあるケースではありません。
その特徴を知っておくといいでしょう。

まず兄弟姉妹は、法定相続人の権利を持つ方の中では、もっとも低い優先順位となります。
つまり他の法定相続人が全員いない場合のみ、兄弟姉妹が法定相続人に確定します。
ですから他の親族に比べると、この方達が相続人に決まるケースはやや少ないんです。

兄弟姉妹が相続人に確定する例とは、たとえば故人を含めて兄弟姉妹が全員高齢になり、親より上の親族はみんな亡くなった場合などですね。
このとき、その兄弟姉妹の中で生涯独身を貫き、配偶者も子供も一切いない方がなくなると、他に相続人が一切いないため、兄弟姉妹が相続人に確定します。
または、配偶者はいても子供ができなかった場合は、その配偶者と兄弟姉妹が相続人に確定します。

このようなケースを除くと、やはり故人には他の相続人がいる場合が多く、それらの方が遺産相続を受けるため、兄弟姉妹は相続人にならない場合が多いですね。
ただ、法定相続人の権利があることは間違いなく、場合によっては故人の遺産分けを受ける相手に確定しますので、そのつもりでいるといいでしょう。

ちなみに、兄弟姉妹の関係は確かにあっても、それが異母兄弟、もしくは異父兄弟だったらどうでしょうか?
この場合でも法定相続人の権利には影響ありませんが、相続分にやや影響があります。
半分しか血のつながりがない兄弟姉妹は、同じ父母を持つ兄弟姉妹の半分がその相続分になります。
血のつながりが薄い場合、相続できる資産もそれに合わせて減るんですね。

このような場合もありますが、それが兄弟姉妹と確かに言える関係であれば、少なくとも法定相続人にはなります。
それぞれの特徴を確認の上、もし相続人として確定したら、遺産相続を受けるといいでしょう。