配偶者は法定相続人になる? - 誰が該当するの?法定相続人

誰が該当するの?法定相続人 > 配偶者は法定相続人になる?

配偶者は法定相続人になる?

身内で誰かがなくなったとき、その方の配偶者は法定相続人となるでしょうか?
この点についてはその通りです。
配偶者にはかなり強い相続の権利があります。
特殊な遺言やその他事情がない限り、配偶者は法定相続人の一人としてまず確定します。

基本的に相続人となるのは、配偶者と誰かといった形になります。
配偶者以外の親族は、法定相続人となる場合もあれば、候補にはなっても実際の相続人には確定しない場合もあるんです。
それに比べて、配偶者はすべてのケースで相続人の候補になりますから、故人に配偶者がいるなら、その方はもう相続人に確定したと言っていいでしょう。
これくらい、配偶者には強い相続の権利があります。

この方が相続人にならないケースはあるでしょうか?
例外として、たとえば遺言があり、配偶者には遺産分けをしない意思が明記されている場合、相続人から外れる場合があります。
ただし法定相続人は、最低でもある程度の遺産相続ができるよう、法律でその権利が保護されています。
配偶者はもともと強い権利のある相続人ですから、配偶者がその意思さえ示せば、法律で保護されたその割合までは相続ができるんです。

ちなみに、相続人の強い権利があるから、必ず遺産相続を受ける必要はありません。
何らかの理由で遺産を受け取りたくないなら、コレを放棄できます。
もし配偶者が相続放棄を選んだ場合、配偶者でも相続人から外れることになりますね。
これをしなければ、配偶者は遺産を相続できる場合がほとんどです。

ただし、故人との間に正式な婚姻関係があることは必要です。
内縁の妻・夫という関係もありますが、こちらは正式な配偶者として認められません。
他に正式な配偶者がいる場合、たとえ故人がその方と別居などしていても、配偶者としての相続権は籍を入れている相手にあります。
どれだけ親密な仲だったとしても、相続権の有無は正式な関係が必要ですので、籍を入れていない場合は早めに入れておくことをオススメしますよ。
正式な夫婦にさえなれば、配偶者には強い相続権があり、大きな問題や遺言がない限りは遺産を相続できます。