法定相続人の対象となる相手とは - 誰が該当するの?法定相続人

誰が該当するの?法定相続人 > 法定相続人の対象となる相手とは

法定相続人の対象となる相手とは

法定相続人の対象となる相手は誰なんでしょうか?
これは法律で決まっており、個人が自由に選べるわけではありません。
基本的に故人の親族がそれにあたります。

その親族とは、まず故人の配偶者です。
直接の血のつながりはありませんが、故人にもっとも近い親族として、非常に手厚い法定相続人の権利があります。
それ以外では、故人と血のつながりのある親族になります。
ですから、故人の子供、親や兄弟姉妹ですね。
血のつながりがあるなら、この方達が法定相続人です。

また、血のつながりはなくても戸籍上は親子、兄弟姉妹となる関係があれば、やはり法定相続人の対象者です。
結局はその故人と、戸籍上のつながりがあるかどうかなんですね。
それがあれば法定相続人であり、なければ対象外です。
このように決まっていますので、誰が法定相続人なのかは、あまり悩む必要がありません。
故人の戸籍に載っている親族の中で、自動的に決まるからですね。

コレのいい点は、誰が相続人となるかが明確で、第三者の介入によって遺産相続の争いが起きにくい点。
少なくとも故人の親族の中でのみ、遺産を分け合う形になりますので、それ以外の方とトラブルになることはありません。

ただ、いいことばかりでもないんです。
故人の親族でさえあれば、ほぼ必ず法定相続人に決まってしまいます。
コレに故人との仲は関係なく、非常に険悪な仲だったとしても、法定相続人に決まります。
相続の対象者としてその方が確定したあと、故人との仲や、その他の相続人との仲に応じて、特定の相手を対象外にすることは、特別な理由がない限りはできません。

その特別な理由とは、遺産相続について故人を脅迫していたり、騙していたりといった理由のほか、遺言状の偽造や破棄などですね。
つまり法に触れるようなことをしていない限り、法定相続人からは外せないんです。
良くも悪くも、故人の親族でさえあれば、法定相続人に決まるのだと思っていてください。
このように相続人の対象者は、法律の規定に沿い、故人の親族の中で自動的に決まります。