法定相続人とは - 誰が該当するの?法定相続人

法定相続人とは

誰かが亡くなったとき、次に考える必要があるのは、遺産相続のことです。
これをするためには、法定相続人のことを知っておく必要があります。

法定相続人とは、遺産相続の権利がある方のことですね。
コレは法律で決まっています。
ですから、誰が故人の遺産を引き継ぐのか、遺族が一から話し合う必要はないんです。
法定相続人という形で候補者はもう決まっていますから、あとは消去法で該当者を絞り込んでいけばいいんです。

誰がこれになるのかというと、故人の家族や親族です。
配偶者や子供、故人の両親や兄弟姉妹といった、ごく近い関係にある親族が、これら法定相続人になります。
もちろん遺言書がある場合はそちらが優先されますが、それがない場合はこの法定相続人の中で遺産分けが行われます。
仮に遺言書があっても、これら法定相続人なら多少の遺産相続を受けられる可能性はあります。

実際に遺産分けを受けられる法定相続人は、該当するメンバーの中でもっとも優先度の高い相手となります。
優先度が違うメンバーが同時に遺産分けを受けることはありません。
そして実際に遺産分けを受けるとき、故人との関係に応じて、実際に相続できる遺産の量も目安があります。
それを知っておくと、どのような遺産相続になりそうか、イメージしやすくなるでしょう。

まず故人の配偶者と子供は、実際に遺産を受け取ることの多い相手ですね。
この場合、配偶者が遺産全体の2分の1、残りの2分の1を子供の人数で等分します。
子供が2人ならそれぞれ4分の1ずつの分割ですし、3人ならそれぞれ6分の1ずつです。

次に、故人の配偶者と両親が相続人に決まった場合は、どうなるでしょうか?
先ほどと同じように思えますが、実は違います。
この場合、配偶者が遺産全体の3分の2を相続し、残った3分の1を故人の両親が引き継ぎます。
両親がどちらも健在の場合、その遺産をさらに分けますので、父親と母親とで6分の1ずつ相続する形になりますね。

ここで注目したいのは、配偶者の方が、取り分が大きくなる点です。
法定相続人としての優先度が高いほど取り分が大きく、低いほど小さくなります。
故人の子供と、故人の両親とでは、子供の方が優先度が高く、実際に遺産分けを受けることも多いですが、その取り分でも優遇されるんですね。

これが故人の両親よりさらに低い優先度となる「故人の兄弟姉妹」だった場合、取り分はさらに減ります。
配偶者とでコレを分ける場合、配偶者が遺産全体の4分の3を引き継ぎ、残りを故人の兄弟姉妹が受け取ります。
兄弟姉妹が複数人いる場合は、その人数に応じて等分ですね。

このように、法定相続人となる相手と、故人との関係に応じた取り分の目安は、事前に決まっています。
本当に相続人と確定した後、何をどれだけもらうかは話し合いで決まりますので、先ほどの目安通りに分配する必要はありません。
相続人同士での合意は必要ですが、それができれば変更するのも問題はないんです。
ただ、実際に遺産分けを受けるメンバーは、故人との関係と法律で決まっている優先順位に応じて、ほぼ自動的に決まります。
これは故人の遺言などがない限り、変更はできません。

ですから、今回実際に相続を受ける法定相続人が誰になるか、これは現在生存している関係者を一通り調べれば、自動的にわかります。
調べるときは役所で戸籍謄本を取ってください。
対象者は故人です。

戸籍謄本とは家族関係を記載した資料で、故人の戸籍謄本をすべて取り寄せれば、これまでに故人が築いてきた家族関係がすべてわかります。
コレを見て、故人に子供がいれば、その子供が配偶者とともに相続人に確定です。
子供が一人もいなかった場合、故人の両親などをチェックしてください。
生存している親や、もし祖父母などもいるなら、それらの方が配偶者とともに相続人になります。
もし親などもいない場合は、故人の兄弟姉妹ですね。
こちらも戸籍謄本を見れば載っていますので、故人に兄弟や姉妹と言える相手がいるか、きちんと調べられます。

この戸籍謄本に載っていない方は、たとえ身内と言えるような付き合いがあったり、本人がそのように主張したりしても、法定相続人ではありません。
法定相続人になるかどうかの基準は、先ほどご紹介したような関係が、戸籍上で確認できるかどうかです。
配偶者や子供、親子や兄弟姉妹といった関係があれば、それは戸籍に必ず載っています。
それが載っていない場合は、残念ながら正式な関係ではないとして、遺言書がない限りは法定相続人になれません。

気を付けたいのが、内縁の妻や夫、その相手との間にできた、認知されていない隠し子です。
これらの方は戸籍に関係が載っておらず、法定相続人にはなれないんですね。
また、配偶者の連れ子も、その故人との間で養子縁組をしていない限りは、その故人が亡くなったときは法定相続人にはならないんです。
血のつながりはなくても親子同然の仲で、実子と同じように相続の手続をさせたいなら、必ず養子縁組を事前にしておくことが大事ですね。

このように遺産相続を受けられる相手は、法定相続人という形で決まっており、その取り分まで目安が決まっています。
コレをよく確認しておきましょう。